「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」 ネタバレと無料お試し読み [彼女たちを絶対に許さない!]

こんにちは、花です(^^)/

藤森治見さんの「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」について書いていきます

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」はまんが王国で読むことができます。
>>>まんが王国<<<
サイトにアクセスしたら「美醜」で検索

 

 

[あらすじ]

昭和2年に樺太で生まれた市村ハナは、その醜い容姿のせいで昔からいじめられ、学校では女子グループに目をつけられそのいじめも凄惨を極めていました。

ある日、泥棒に仕立て上げられたハナは先生に追及されますが無実を訴え、いじめられていることを言いますが全く信じてもらえず、それどころか「他人のせいにするな‼殴られ人のせいにするとは、貴様の心はその顔面と同様に醜く歪んでおる‼」とまで言われ、そのまま退学となってしまいます。

彼女たちの楽しそうな笑い声・・・

ハナの家に父はなく、母が苦労して学校へと入れてくれたのです。

そんな母の苦労を知っているハナは母に謝りますが、顔を腫らして帰ってきた娘を見た母は反対に「きれいな顔に産んでやれなくてごめんね。でもねお前は母さんにとって大事な大事な可愛い娘だよ」と言ってだきしめてくれたのです。

そして昭和20年、戦争は終わりを告げますが襲ってきたソ連から逃げるため、住人たちは引き揚げ船で本土へ向かうことになったのです。

ハナも母と幼い弟と共に船に乗り込みますが、そこにはあの女子グループがいてハナのことを泥棒だと言い、船から追い出されてしまうのです。

ハナ達は結局次の船で本土へと向かいますが、その船が空爆され沈没、母と幼い弟が死んでしまいます。

家族を失ってしまったハナは、今まで受けてきたいじめの数々、あの船に乗れなかったばかりに死んでしまった母と弟のことを思い、彼女たちに対する怒り・憎しみが膨れ上がり、復讐することを誓うのです。

そのためにハナは体を売り、お金を作り、整形して美しい顔を手に入れたのです。

そしてその美しい顔で全くの他人を装い、近づき、そしてハナのデスマスクを使って脅かし、破滅へと追い込んでいくのです。

復讐の鬼と化したハナは最後の一人まで逃すことなく復讐を果たすことが出来るのか・・・

 

 

[感想]  ハナの深い悲しみが心に響く

絵がとても綺麗で、物語もとても丁寧に描かれていて、どんどんと引き込まれ、一気に読み進めてしまいました。

目の前で家族や大切な人が死んでいく姿を見れば、誰だって相手を許せないという気持ちになるのは当然だと思います。

だからこそハナが復讐していくときに、相手の恐れる姿や許しを請う姿に花は正直、満足感を得たりしちゃいました(-_-;)

ただ、強い復讐心を持って実行していくハナの姿が時折とても苦しそうに見えて、この復讐が全て終わった時、果たしてハナはどうなってしまうんだろうと、不安にもなりました。

本当は人一倍優しいハナ

その彼女が少しでも苦しみから解放されて、幸せになるにはどうしたらいいのか・・・

彼女がこの先どうしていくのか、最後まで目が離せません

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」はまんが王国で読むことができます。
>>>まんが王国<<<
サイトにアクセスしたら「美醜」で検索