「奴隷嫁」第5話 『大切な物を失い、湧き上がる感情』 ネタバレと無料お試し読み [くりかえされる嫁いびり。昔のいびりが犯罪級で鬼畜すぎる!]

こんにちは、花です(^^)/

奴隷嫁」第5話 『大切な物を失い、湧き上がる感情』について書いていきます

奴隷嫁

奴隷嫁」はまんが王国先行配信されているので、まんが王国だけで読むことができます。
>>>まんが王国<<<
サイトにアクセスしたら「奴隷嫁」で検索

 

 

[あらすじ]

外に買い物に出たら家に帰れなくなってしまった姑を病院に連れていき検査をした結果、『アルツハイマー型認知症』と診断されてしまいます。

更に詳しい検査をするために訪れたのは精神科。

そこで検査を受ける姑を待っていると、以前土地の一部を売った隣に住んでいた方がお姑さんを連れて来ていたのです。

そのお姑さんは認知症が進んでしまっているために昔のことしか覚えておらず、美恵子のことを姑と思いこみ昔話を始めたのです。

しかしその話で分かったのが姑も嫁の頃にひどい嫁いびりを受けていたということでした。

そんなことを聞き美恵子は同情しますが、姑のしていることを見ると長年のストレスを自分に対してすることで解消しているんだと感じたのです。

姑は検査の結果、いつも症状が出ているわけではないこと、これ以上症状が進まないように薬を飲むこと、介護保険を活用して家族の負担を減らすことなどを教えてもらいそれを実行しようとしますが、姑は美恵子を信じられず薬も飲むふりだけ、デイサービスなどの利用も嫌がり家から一歩もでないと言い張り、更に暴力や暴言が増えてきてしまったのです。

そしてますますお金に執着し、家族を泥棒だと思いこんでいる姑は美恵子や孫たちのお金まで夜中に盗むようになってしまいます。

ほとほと嫌気のさしていた娘たちは、成人すると次々と家から出ていってしまい、美恵子と姑2人の生活が続いたのです。

そんなある日、姑は庭で美恵子の大切なアルバムを燃やし始め、必死にとめる美恵子に「自分を殺そうとする美恵子が憎い」とものすごい形相で
叫びながら金槌を振り上げてきて・・・

 

 

[感想]

姑が昔受けていた嫁いびりが更に陰険さの増したものだったのにはかなり驚きました。

昔だからなのか、今なら絶対に離婚間違いないです!

一歩間違えば事件になってもおかしくないレベルなんじゃないかと思いました。

そんな思いをした姑がそのストレスを解消するために美恵子に辛くあたっているなら、それはもちろん間違っているし、きっと解消できる日なんて来ないだろうと思うし、ますますエスカレートしていくんじゃないかな・・・

金槌を振り上げた姑を止めることが出来るのか、美恵子はどうするのか・・・

皆さんもぜひ読んでみてください

奴隷嫁

奴隷嫁」はまんが王国先行配信されているので、まんが王国だけで読むことができます。
>>>まんが王国<<<
サイトにアクセスしたら「奴隷嫁」で検索